池の水漏れ防水工事


施工手順


洗浄前
愛知県犬山市Y様邸の水槽防水工事です。
すばらしい錦鯉がたくさん泳いでいましたが、水レベルがどんどん下がってくると言う水漏れにお困りでした。
FRPは水槽などの材料になります。
水槽の内側にもう一つ、内部水槽型密着FRP層を作ります。
水槽にたまっていた水を抜いた後です。水藻や土などは防水層を剥離させる原因となりますので、しっかりと洗浄する必要があります。

高圧洗浄後
水槽についていた水藻や土などを高圧洗浄しました。
床のカラーも若干はげてきていました。
鯉などは剥がれた部分を食べてしまう習性があります。
そこでウレタン系などの薄い塗膜は水槽と非常に相性が悪いといえます。
厚膜ができるゲルコート系のトップコートにて着色します。

樹脂モルタル防水下地処理加工
下地のタイルや、薄いウレタン塗料は、防水層との密着性が悪く、さらに表面の凹凸が美観を損ないます。
そこで、樹脂モルタルで平滑にして、FRPとの接着性を高めています。
この処理を怠ると、将来必ず防水層剥離や、水の進入を許すという結果になってしまいます。

積層後高耐候性トップコート仕上げ
水圧に耐えうるプラスチック製の防水層ができあがりました。
高耐候性をもつトップコートで仕上げました。
仕上げカラーは各種選んでいただくことができます。
このお宅では、外壁に合ったカラーを選択され、違和感は全くありません。
とても明るくなり、よい感じになったと思います。
厚塗膜で鯉に食べられる心配もなくなります。


施工実績 - 池

 池の防水工事の施工実績です。画像をクリックすると拡大表示します。

愛知県犬山市Y様邸
水槽池防水工事
岐阜県関市M社様
池防水工事