トマト工業トップページ > 事業内容 > 防水工事 > シーリングについて

シーリングについて

外壁目地のシーリング

シーリングの用途として、外壁の目地や防水下地の処理など様々な用途があります。
それぞれにあったシーリングを使用することは専門工事を行うに当たって必ず必要になってくることです。
大別するとウレタン系・シリコン系・変成シリコン系・ポリサルファイド系・アクリル系などがあります。
トマト工業では、これらの種類と性能をわかりやすく大別し、それぞれの用途に使い分けています。
用途や仕様を間違えると、後から塗料が剥がれたり、ブリードと呼ばれる可塑剤汚染をひきおこしたりしてしまいます。

防水下地のシーリング

防水の下地に緩衝材として注入するシーリングにおいても、密着性の高いFRPではとくにその仕様でトラブルを引き起こすことが多々あります。
FRPとの密着では、コストは高いが密着性能に優れる変成シリコン・または、ウレタン系のシーリング剤を使用しています。

シーリング
※トマト工業自社技術資料より


シーリング工事における注意点

シーリング工事では、各種のシーリング剤を適材適所に用いることが一番大切です。
また、そのカテゴリ内の製品でも、それぞれに特性があるので注意する必要があります。

シーリング剤それぞれの用語をまとめました。

モジュラスとは?

シーリング剤には、高モジュラスや低モジュラスなどいろいろあります。
では、このモジュラス、どっちのモジュラスを選択したらいいのでしょうか?

モジュラスとは反発力のことです。低モジュラスはチューインガム・高モジュラスはグミと思えばいいです。
外壁のように動きのあるところは、グミのような固いものだと、すぐに切れてしまう恐れがありますよね。
従って、外壁の目地など動きがあるところは、低モジュラスの伸びるタイプを使用する必要があります。

ブリードとは?

シーリング剤には、ブリードとか、ノンブリードとか種類が分かれています。
では、このブリードとはどういったものなのでしょうか?

ブリードとは上塗装に粉ふき、にじみなど、いろいろなトラブルが発生することです。
それを引き起こすのが可塑剤、つまり柔軟剤のことです。
柔軟剤が入っていると、表面に塗り重ねた場合、変色が起こる場合があります。
したがって、ノンブリードタイプの可塑剤が入っていない物が必要となります。

防水下地に適しているのは?

密着性の高いFRPや塗膜防水系などの防水工事では、防水下地のシーリング剤の選定が重要になってきます。
では防水下地に一番適しているのは、どのような物でしょうか?
ずばり、変性シリコンとウレタン系以外は適していないと言えるでしょう。
変成シリコンは、シリコンが塗膜と密着しないのを改良(変成)したシリコンです。
防水下地については、伸び率の高い低モジュラスのウレタンか、変成シリコンが適していると言えます。

技術と知識を持っているか?

このような防水剤に関する技術はもちろんのこと、しっかりした知識がないと、いろいろなトラブルが後から後から出てくることになりかねません。
シーリング剤の特徴や用語の意味などを分りやすく説明できる業者さんを見つけることが大切なのです。