トマト工業トップページ > 会社案内[IR情報]

トマト工業 IR情報

2016年は仮決算指標値

売上セグメント
2016年度は前年に比べ売上が大幅にアップした。
これは日用品関連分野への素材展開が大きく、また海外への販売も増加した。
海外へは(中国、韓国、台湾、香港)が主であり、これら海外向けの販売が増加したもの。
素材販売事業については価格競争に巻き込まれ、売上高の停滞と利益率減少を招いた。



粗利益率セグメント
粗利益率については、最新のNC制御装置の稼働率アップのため劇的に自動化が進み、利益率を押し上げた。
また定期的な生産性改善運動の効果によるところが大きい。

販売費一般管理費セグメント
販管費については、引き続き極端な増加はない。
固定費の増加は、未来の成長を妨げるという方針のもと、引き続き節制したことが効果的に利益を押し上げる要因となっている。
一方で、NC機、3DCAD、自動貼合機など売上、生産性向上設備に関しては引き続き積極的な投資を行っている。

営業利益セグメント
粗利益率セグメントに同じ

経常利益率セグメント
国、県、市の制度を非常によく利用し、営業外コストの削減と、営業外収益の確保に努めている。

最終利益セグメント
経常利益セグメントに同じ


経営指標総括

安全性指標値
目標としていた自己資本比率を50%台にまで持っていくことができ、長期安定性を確保した。
流動比率は過大な借り入れをしていないため余裕があるわけではないが、安定的な営業キャッシュフローの確保で、短期安定性が保たれている。
固定長期適合率、負債比率とも安全性が高い。

収益性指標値
年度ごとのバラ付きはあるが、総じて利益率が高くなってきている傾向にある。
これは生産性向上、小口販売などが大きく貢献していると言える。

生産性指標
生産製指標は工場の業態によって大きく異なることをまず理解する必要がある。
トマト工業の場合、少人数にて多工程を管理する。ということから生産性は総じて高い比率にある。


長期展望計画

長期展望計画については国の施策にもとづき、さらにNC化をすすめる必要がある。
建材セグメント、特に大口需要家の需要の高まりから工場を増設し、長期成長性を確保する。
売上高については2年後に5億円を目指すこととし、雇用、経済波及効果から地域貢献を行う。
素材販売事業については自社ブランド品の展開を進め、また自社内作成品の割合を増やす。
新しい事業として1.ユニット製造事業2.Cabinet製造事業を立ち上げ、早期に安定化を目指す。
既存素材販売事業についてはカタログの製作を待ち、カタログ通販も合わせて行うことによりさらなる売上げアップを目指す。
機械設備については、汎用機としてCNCトリミングソーを導入する。
設備については、ロボットの導入を検討していく。


地域貢献

売上のアップが地域貢献につながるというスローガンのもと一定の効果を生み出した。
特に工場増設にともなう設備投資、機械導入、建屋増設などで既存のお客様、地域の会社からの購入を推進した。

研修室貸し出し、無料レンタサイクル、PC貸出、設備貸出などの施策を打ったが認知度が低く、本格的な運用には未だ至っておらず。